最初:http://kerokero.org/wp/archives/2629
前回:http://kerokero.org/wp/archives/2641

というわけで二日目。手術の当日ですな
しかも、自分の手術は、午前イチです。

あれよあれよのうちに手術時間となりました。

看護師さんに導かれて、徒歩(!)で、中央手術室に案内されます。

手術室の前室に着いたら、名前の確認やアレルギーの確認等の問診を再度行い、いざ、手術室へ。

手術室のベッドに横になったら、もうまな板の上の鯉です。

麻酔医「リラックスするお薬を入れますね。少しぼーっとしてきます。」
自分「はい」
麻酔医「続いて、しびれる薬を入れますね。これで眠ります。」
自分「(おぉ・・・体がしびr・・・)」

・・・
・・・
・・・

医師「NiSiさーん」
自分「・・・ん?・・・は・・い?」
医師「終わりましたよー」

文字通り、寝てる間に終わりました。

全身麻酔は、人生2度目の体験ですが、注射での麻酔導入は初めてで、あの、体がしびれていく感覚は、恐怖に似た感情がこみ上げますね。

というわけで、手術が無事終わり、夕方になると夕飯です。

全身麻酔で2本も抜歯しているのに、半日もせずに食事が出ました。

まぁ、全てが刻んである刻み食で、ご飯もお粥でしたが。

そして、抜歯手術後なのに、うがいの禁止令が出ないのは斬新でした。
強いうがいは禁止、歯磨きも禁止、その代わり、処方されたうがい薬で、ゆるく口をゆすいで下さいとのこと。

そして2日目の夜も更けて・・・
・・・
・・・
・・・うるせぇ。

手術跡は薬で痛みが引いているものの、
この病室の厄介な患者さんのせいで、この日も眠れませんでした(#^ω^)