書籍の電子化の効率が上がってきた。
というか、タブンこれ以上の時間短縮は無理。
後は、PCの操作時間を短くして、楽が出来ればいいなと思う。

具体的に今の、スキャン手順を書くと、以下のような感じ。
あ、HTMLのデザインの問題で、表が、右側に飛び出ているけど、気にしない方向で。

- 1冊目 2冊目 3冊目
操作 自動処理 操作 自動処理 操作 自動処理
1. 裁断 - - - - -
2. 半分をSnapScanにセット
→Start
- - - - -
3. 自作アプリに書誌入力 スキャン中 - - - -
4. もう半分をセット→Start - - - - -
5. - スキャン中 裁断 - - -
6. カバーをセットしてスキャン スキャン - - - -
7. 自作アプリの移動ボタン押下 - - - - -
8. - 作業フォルダにファイルが移動 半分をSnapScanにセット - - -
9. - - start - - -
10. 白紙削除・カバーの縦横修正 - - スキャン中 - -
11. 自作アプリの完了ボタン押下 - - スキャン中 - -
12. - 書誌に従ってフォルダが作成され、
ファイルがそこに移動する
自作アプリに書誌入力 スキャン中 - -
13. - - もう半分をセット→Start - - -
14. - - - スキャン中 裁断 -
15. - - カバーをセットしてスキャン スキャン - -
15. - - 自作アプリの移動ボタン押下 - - -
15. - - - 作業フォルダにファイルが移動 半分をSnapScanにセット -
15. - - - - start -
15. - - 白紙削除・カバーの縦横修正 - - スキャン中
15. - - 自作アプリの完了ボタン押下 - - スキャン中
15. - - - 書誌に従ってフォルダが作成され、
ファイルがそこに移動する
自作アプリに書誌入力 スキャン中

つまり、ScanSnapの処理中等に、次の本の処理をしているだけで、
ScanSnapを連続で使えるように、プログラムで補助しているわけだ。

これにより、200ページ(100枚)ほどのA5版の本は、
5分以下で電子化が進んでいくという・・・

ただ、操作が結構忙しいので、もうちょっと改善の余地はありそう。
特に書誌がどっかから引っ張って来れれば、ちょっと楽になる。
かといって、AmazonWebServiceは色々調べたけど、
規約とか課金方法が何か怖いし・・・
#カード登録必須っぽくて、有料課金のサービスをうっかり使っちゃうことが出来そう・・・